東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

都民安全推進本部

東京に暮らす人々や東京を訪れる誰もが
安全安心を実感できる社会を実現する。

都民安全推進本部

事業概要

都民安全推進本部は、都民の皆様が安全安心を実感できるセーフ シティの実現に向けて「治安対策」「交通安全対策」「若年支援」の各施策に取り組んでいます。

1.都民の生活を守るための環境整備対策

「東京都安全安心まちづくり条例」に基づき、安全で安心して暮らせる東京を実現するため、防犯ボランティアの活動支援や防犯設備の整備補助など、ソフト、ハード両面から対策を進めています。
具体的には、「子供見守り活動事例集」の配布や通学路などへの街頭防犯カメラの設置補助、再犯防止に向けた取組の推進などを行っています。
また、警視庁や出入国在留管理庁、東京労働局、区市町村等と連携し、振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺対策や外国人労働者適正雇用対策、外国人在留マニュアルを活用した滞在適正化講習等を実施しています。
さらに、近年、スマートフォン・ゲーム機などの携帯端末が普及したことにより、青少年が「自画撮り被害」などの性的被害やSNSを利用したいじめ等のトラブルに巻き込まれ、被害者となるケースが増加していることから「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に基づき、都民からの相談にネット・ケータイヘルプデスクで応じるとともに、インターネット利用適正化・性被害等防止対策講座を実施しています。

安全安心を推進するマスコットキャラクター「みまもりぃぬ」

安全安心を推進するマスコットキャラクター「みまもりぃぬ」

2.交通安全対策

都内の交通安全対策の総合企画・調整を行うとともに、「飲酒運転させないTOKYOキャンペーン」の実施、高齢者の交通事故防止などの交通安全に係る普及啓発や、ITS(高度道路交通システム)を活用した渋滞対策などの取組を進めています。また、平成25年7月に施行した「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」及び平成28年4月に改定した「東京都自転車安全利用推進計画」に基づく自転車安全利用施策や、放置自転車解消のための対策を推進し、社会全体での自転車の安全利用を促進しています。さらに、平成28年10月には条例を改正し、自転車小売業者による利用者への啓発の義務化、自転車を業務で使用する事業者に研修などを担う者の選任を求めるなど、安全対策を強化しています。

反射材の効果を体験できる「くらぴかBOX」を用いた交通安全指導

反射材の効果を体験できる「くらぴかBOX」を用いた交通安全指導

3.子供・若者の自立支援や健全育成に係る環境改善

近年、若者を取り巻く環境は大きく変化し、社会的自立に困難を有する若者のもつ背景はこれまで以上に複雑化・深刻化しています。こうした若者を支援するため、東京都若者総合相談センター「若ナビα」の運営などを行っています。
また、「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に基づき、優良映画などを推奨するほか、不健全図書や指定刃物の青少年への販売を制限するなど、青少年の健全な育成を図るため、各種環境整備を行っています。

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます