東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

交通局

安全と安心を確保しながら、
便利で快適な交通サービスを
提供していく。

交通局

事業概要

都営交通(交通局)は地方公営企業であり、その運営は、お客様からいただく料金によって経費を賄う独立採算制を原則としています。(1)都営地下鉄(2)都営バス(3)都電(4)日暮里・舎人ライナー(5)モノレールを運営し、1日当たり約352万人のお客様にご利用いただき、東京の都市活動や都民生活に欠かせない公共交通機関として重要な役割を担っています。また、多摩川の流水を利用した水力発電による電気事業のほか、所有する資産を有効活用した関連事業も含め、民間事業者と競合する事業を、経済性を発揮しながら運営しています。

1.都営地下鉄

都営地下鉄は、浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線を営業し、営業キロは合わせて109.0km、駅数は106駅で、1日当たり約275万人のお客様にご利用いただいており、安全の確保を最優先に、より快適で質の高い輸送サービスを提供しています。また、省エネルギー対策に積極的に取り組むほか、予防保全の考え方を取り入れながら、施設の長寿命化にも取り組んでいます。

ホームドア整備

ホームドア整備

2.都営バス

都営バスは、都区部のほか多摩地域の一部で運行し、1日当たり約63万5,000人のお客様にご利用いただいています。都内最大のバス事業者として、ハード・ソフト両面で安全対策を進めるとともに、運行情報のインターネット配信サービスなどお客様の利便性向上を積極的に図っているほか、燃料電池バスの運行など環境負荷低減に先導的な役割を担っています。

燃料電池バス

燃料電池バス

3.都電(路面電車)

官都電は、現在、三ノ輪橋から早稲田の間を運行する東京さくらトラム(都電荒川線)のみであり、営業キロは12.2kmで1日当たり約4万8,000人のお客様にご利用いただいています。沿線地域の足として輸送サービスの向上を図っているほか、地元自治体などとも連携した観光PRの強化などにより、増収・増客対策と地域の活性化に取り組んでいます。

4.日暮里・舎人ライナー

日暮里・舎人ライナーは、日暮里から見沼代親水公園の間を運行する新交通システムであり、営業キロは9.7kmで1日当たり約8万6,000人のお客様にご利用いただいています。地域に密着した交通機関として輸送サービスの向上を図っているほか、地元自治体などと連携し、地域の活性化にも努めています。

5.モノレール

モノレールは、上野動物園の東園と西園の間を運行し、1日当たり約3,500人のお客様にご利用いただき、親しまれています。昭和32年から営業を開始した我が国で最初のモノレールで、当時、将来の都市交通機関の開発のための実験線として建設された、鉄道事業法に基づく交通機関です。現在は、建設局に施設を無償譲渡し、運営のみを行っています。

6.電気事業(水力発電)

電気事業は、交通局の前身である東京市電気局からの流れをくみ、多摩川の流水を利用して3か所の水力発電所を稼働させ、一般家庭およそ3万5,000世帯分の使用量に相当する電力量を発電しています。発電した電気は、公募により決定した電気事業者に売却しています。

7.関連事業

関連事業とは、所有する土地や建物の貸付けを行う不動産事業、駅構内に店舗や自動販売機を設置する構内営業、車内及び車体や各駅構内を活用した広告事業などのことです。長期的に安定した収入を確保することで、経営基盤の強化に寄与しています。

東京交通会館

東京交通会館

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

お客様の「安全・快適」のために 伊藤 晴香 交通局 車両電気部 電力課【機械】2015年入都 理工学部 機械創造工学科

平成28年1月時点

入都のきっかけ

都庁に興味を持ったきっかけは、偶然見つけた採用ホームページでした。技術職にも「公務員」という選択肢があることを知り、そのとき募集していたインターンシップに応募することを決めました。そして、一週間のインターンシップの経験から、より都庁の仕事に興味を持ち、志望しました。他自治体の受験も考えましたが、自分自身がずっと暮らしている東京都に貢献したいと考え、都庁への受験を決めました。

今の部署の仕事について

現在、私は都営交通の駅構内に設置されている排煙設備や冷房設備、換気設備の設計などを行っています。駅に設置されている排煙設備は、万一火災が発生したときに多くの人の命に関わるものなので、法令を順守して設計する必要があります。ですから、豊富な知識や経験をもつ職場の先輩たちに教えていただきながら、慎重に設計を行っています。また、冷房設備や換気設備の設計では、駅の利用客が快適に過ごすために欠かせないものなので、責任とやりがいを感じています。一方で、私の仕事は機械設備の設計だけではありません。設計を外部に委託することも多く、民間業者との打合せも頻繁に行っています。技術職は機械と向き合うイメージが大きかったのですが、実際は他部署の職員や民間業者との調整の仕事も多く、コミュニケーション力が必要とされる職種です。仕事を通じて、多種多様な関係者と話ができる点は、私自身、大変勉強になっていると実感しています。

伊藤 晴香

学生時代の専攻や勉強を
どう活かしているか

現在の部署が主に扱っている換気設備や冷房設備について、入都した時点では全く知識がありませんでした。しかし、根本的には、大学時代に機械の基礎として学んだ流体分野の知識などが関係しているため、設備のことを勉強するうえで役に立っていると感じています。

この職種で都庁で働く魅力

機械職の手がける設備などの多くは、普段は目に見えない場所に設置されています。しかし、一度設置したものは何年も使用されることが多く、自分の手がけたものが長い間、駅や利用客に貢献できることは、大きなやりがいにつながっています。また、一言で機械職といっても、都庁の場合は仕事内容が多岐に渡っていて、生涯でさまざまな経験ができる魅力があると思います。現在の私の所属は交通局ですが、水道局、下水道局、環境局、財務局など、多くの局に機械職の職員がおり、各自さまざまな経験を積んでいます。私はまだ入都したばかりで、知識も経験も浅いのですが、今後も勉強を続け、経験を積み、将来はどの部署に行っても役に立てる人材になりたいと考えています。

ある1日の流れ

出勤
メールチェック
他社局からの設備についての問い合わせ対応、他部署への照会

係会議
係内の情報共有

打合せで使用する資料作成
委託業者から提出された図面・計算書の確認など

昼食
チューターと食堂で昼食

現場調査
実際に駅の機械室などの現場を訪問し、現状を把握

打合せ
現場調査を踏まえて、打合せ

帰宅

卒業後からの経歴

2015年
入都
交通局 車両電気部 電力課 機械設備係
駅冷房設備・換気設備の設計