東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

選挙管理
委員会事務局

選挙を公平・公正に執行していく。

選挙管理委員会事務局

事業概要

選挙管理委員会は、公正な選挙を行うため、知事から独立した機関として、都議会において選挙された4人の委員により構成されています。この選挙管理委員会の職務を補助執行するために事務局がおかれ、公職選挙法、地方自治法、政治資金規正法などに関わる次のような事務を行っています。

1.選挙の適正な管理執行事務

公正かつ中立な立場で、都知事選挙、都議会議員選挙、衆議院議員選挙、参議院議員選挙に関わる事務などを管理・執行しています。

2.選挙の啓発普及事務

選挙に対する都民の関心を高め、明るくきれいな選挙を実現するため、日常では明るい選挙推進事業、選挙時には投票日の周知及び投票参加のPR活動などさまざまな啓発活動を行っています。

3.区市町村選挙管理委員会に対する助言・連絡調整事務

区市町村選挙について、選挙執行事由の発生時から選挙終了時までの諸手続(立候補届出、選挙運動、投票、開票、当選人の決定など)や選挙管理についてさまざまな助言などを行っています。

4.政治資金規正に関する事務

政治資金の公明、公正の確保を図るため、政治資金規正法に基づく各種手続(政治団体などに関する諸届や収支報告書の受理など)を行うとともに、その公表や一般都民に対する閲覧などの事務を行っています。

5.選挙争訟事務

選挙に関する異議申出・審査申立(選挙無効・当選無効)に対する決定、裁決及び訴訟事件の処理などの選挙争訟に関連する事務を行っています。

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

“都民の暮らしを支える 若林 健太郎 選挙管理委員会事務局 総務課 【事務】 2009年入都 文学部 総合人文学科

平成26年9月時点

入都のきっかけ

進路選択の際、漠然とですが社会のためになる仕事がしたいと考え、公務員を目標にしました。
その後、国や他の地方自治体など、数ある官公庁の中から東京都を選んだ理由は3つあります。一つ目は、東京という自分が生まれ育った愛着のある場所のために働けること。二つ目は、携われる業務の幅が広く、さまざまな人に出会えること。三つ目は、国や他の自治体に先駆けて先進的な取り組みを行っており、職員の挑戦を許容する風土があると感じたところです。先輩職員にも面談をしてもらい、以上の点を確信したことから東京都への就職を志望しました。

今の部署の仕事について

選挙管理委員会は選挙の公正な管理執行を司り、民主主義の根幹を支える重要な機関です。委員会は毎月2回の定例委員会と選挙時の臨時委員会が開催され、その内容は公開されています。委員会の開催と会議要録の公開を補佐するのが私の主な仕事です。
委員会の開催時には、毎回事前に各係から議題を集めて整理し、提出された資料について担当者とやりとりしながらチェックして議場で配布する資料を調整します。そういった開催準備から、会議要録の作成に加えて、職員の給料や各種手当の支出、文書・図書類の整理、庁舎管理など、幅広く業務を担当しています。

若林 健太郎

仕事をする上で
大事にしていること

大事にしていることは、柔軟な発想と情報共有です。事業の改善や新規事業の企画をするためには、従来のやり方や、ひとつの考え方に縛られずにアイデアを出し合うことが必要です。また、部局内のみならず、他の部署や業者などさまざまな主体と関わりながら仕事を進めていく上で、関係者と情報を共有することは不可欠です。そのため、資料作成やプレゼンテーションなど、情報を相手にわかりやすく伝える能力は研修などを通じて磨くようにしています。