東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

建設局

防災機能と、快適さを備えた、
都市基盤の整備に取り組んでいく。

建設局

事業概要

建設局では、都民の安全を守ること、利便性を向上させ、日本の経済的発展を支えること、快適で潤いのある暮らしを演出することの3つの視点から、下記のような事業に取り組んでいます。

1.道路事業

東京の最大の弱点である慢性的な交通渋滞を解消し、国際競争力を高めるとともに、快適で利便性が高く、環境負荷の少ない都市を実現する上で、道路整備は非常に重要な役割を担っています。また、震災時の救援物資輸送や迅速な復旧・復興活動を支え首都機能を守るとともに、延焼遮断帯を形成し、燃え広がらないまちを実現するなど、東京を高度な防災性を備えた都市へ進化させるためにも道路整備は不可欠です。そのため、首都圏三環状道路をはじめ、区部の放射・環状道路や多摩地域の南北・東西方向の道路などの骨格幹線道路の整備、道路と鉄道の連続立体交差化、木密地域の防災性の向上に資する都市計画道路の整備推進に重点的に取り組んでいます。

現在、都が管理する道路は約2,230kmです。道路を常に良好な状態に保ち、安全な通行を確保するため、日常的な巡回点検や定期点検、異常時点検などの各種点検を着実に行い、道路の状況を的確に把握することで、計画的な補修工事を実施しています。重要な社会インフラである橋梁やトンネルについては、これから先も長く使えるように、計画に基づき、対症療法型管理ではなく予防保全型管理の取組を進めています。また、交通事故の防止や歩行者などの安全確保のため、「歩道の整備」や「道路のバリアフリー化」、「自転車走行空間の整備」、「道路標識の整備」などを行っています。交通渋滞の緩和に向けた「第3次交差点すいすいプラン」などの交差点改良や、傷んだ路面の補修にあわせて実施する「環境に配慮した路面の高機能化」、都市防災機能の強化・安全で快適な歩行空間の確保・良好な都市景観の創出を図る「無電柱化」など、安全・安心で快適な道路の整備に努めています。

環状第2号線(豊洲~築地)暫定開通

環状第2号線(豊洲~築地)暫定開通

西武鉄道池袋線(練馬高野台駅~大泉学園駅間)連続立体交差事業

西武鉄道池袋線(練馬高野台駅~大泉学園駅間)連続立体交差事業

無電柱化事業の整備(左:整備前、右:整備後)

無電柱化事業の整備(左:整備前、右:整備後)

2.河川事業

近年、全国で豪雨による災害が頻発しており、このような水害はいつ東京を襲っても不思議ではない状況です。河川事業においては、洪水・高潮による水害や土砂災害の危険から都民の命と暮らしを守るため、中小河川における護岸や調節池の整備、ゼロメートル地帯における堤防や水門の地震対策、多摩部や島しょを中心とした土砂災害対策を進めるとともに、迅速な避難行動を促す防災情報の提供を進めています。また、河川は人々の暮らしに潤いを与える貴重なオープンスペースであるため、多自然川づくりや水辺の緑化、水辺空間のにぎわい創出など、人々が集い憩う水辺環境の整備を行っています。

良好な水辺環境整備(野川)

良好な水辺環境整備(野川)

3.公園事業

緑あふれる東京の実現を目指し、広域的な緑の拠点となる都立公園の整備を推進しています。公園や庭園は、都民に安らぎやレクリエーションの場を提供するほか、震災時の避難場所や救援・復興活動の拠点となります。このほか、霊園では貴重な緑の空間を確保しつつ墓所の供給を行っています。また、動物園や水族園では動物の展示方法を工夫し来園者に楽しんでいただくとともに、動物に関する正しい知識の普及や希少動物の保護増殖に取り組んでいます。

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

4.用地取得事業

東京の都市活動や都民生活を支える道路、河川、公園などの都市基盤整備を進めていく上で、まず必要となるのが事業用地の確保です。現在、区部放射・環状線や多摩南北・東西方向の骨格幹線道路、さらに、木造住宅密集地域において防災性の向上を図る特定整備路線などの整備に必要な用地取得に計画的、重点的に取り組んでいます。用地取得に当たっては、代替地のあっせんなど関係権利者の方々の生活再建に向けた支援を行い、理解と協力をいただきながら事業を推進しています。

八王子あきる野線(新滝山街道)移転の様子

八王子あきる野線(新滝山街道)移転の様子

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

心地よい空間を創る! 久保 武広 建設局 西部公園緑地事務所 工事課【造園】2014年入都 農学部 農学科

平成28年1月時点

入都のきっかけ

大学時代、海外に行き各地の美しいまち並み・風景を見た経験から、私の地元東京都の景観をより良くしたいと思うようになりました。都庁は、道路の緑化事業など、都市景観に係るさまざまな事業を行っており、景観行政・公園緑地行政において影響力が大きいと考え、入都を希望しました。また、臨海部から奥多摩、島しょまでさまざまな活躍の場があり、携われる仕事が多様であることも理由の一つです。

今の部署の仕事について

多摩地域の都立公園・霊園・緑地の整備・改修工事の監督業務を行っています。監督業務とは、工事を請負った会社が品質・安全・工期を適切に守って工事を行っているかチェックすることです。他の事務所や自治体・管理者・住民の方などと調整を行いながら工事を進めていきます。担当する工事の内容は多岐に渡り、公園の植栽工事や園路改修工事をはじめ、丘陵地公園の傾斜地を保護する工事やトイレの建て替え工事、霊園の墓誌の設計などを行います。現場で問題が起きたときは、工事に遅れが生じないように迅速かつ慎重に判断するように心がけています。そして、利用者の視点に立って使いやすい空間となるように、上司や先輩、工事を請負った会社の方々と議論しながら工事を進めています。

久保 武広

学生時代の専攻や勉強を
どう活かしているか

大学時代、私はバックパッカーとして旅をしていました。その旅を通して触れた東南アジアやヨーロッパ、中国、インドなど、世界各地のまち並み・風景を通して感じた「このように美しいまち並み(景観)をつくりたい」という思いが、今の仕事を志したきっかけであり、モチベーションの源にもなっています。

この職種で都庁で働く魅力

都庁の造園職の仕事の内容は多岐に渡ります。日比谷公園や井の頭恩賜公園などの都市公園をはじめ、お台場海浜公園などの海上公園、高尾や奥多摩、小笠原諸島などの自然公園、動物園や植物園、庭園などの管理・整備を行っています。その他に、都市計画や自然環境保全を行う部署もあります。東京都の緑に関するすべてに携われる職種です。利用者(都民)にとって心地よい快適な空間をつくる特別な仕事ができます。

ある1日の流れ

出勤
メールチェック

関係業者への工程確認

神代植物公園で現場対応

現場近くの蕎麦屋で昼食

野山北・六道山公園にて現場調査・管理者との打合せ

帰庁
工事関係書類の整理
関係部署との打合せ

退勤

卒業後からの経歴

2014年
入都
建設局 西部公園緑地事務所 工事課 工事係
工事が安全かつ適正に行われるための指導や関係部署との調整など、公園緑地整備工事の工事監督業務
設計業務