東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

福祉保健局

誰もがいきいき生活し、
活躍できる東京を目指していく。

福祉保健局

事業概要

福祉保健局は、将来にわたって都民が安心して生活できる社会を実現するため、中長期的な視点でのサービス充実に取り組むとともに、震災等の緊急事態にも迅速かつ的確に対応する様々な施策を展開しています。子供家庭、高齢者、障害者、生活福祉分野では地域での自立生活を支える施策を、また保健・医療分野では質の高い医療が受けられ、生涯にわたり健康に暮らせる環境の実現を目指した施策を、そして健康安全分野では多様化する健康危機から都民を守る施策を進めます。多様な職種が協働して、大都市「東京」にふさわしい福祉・保健・医療施策を積極的に展開し、誰もが安心して、いきいき生活し、活躍できる都市の実現に向けて取り組んでいます。

1.子供家庭への支援

核家族化の進行や地域のつながりの希薄化などにより、地域や家庭の「子育て力」が低下し、いわゆる「育児の孤立化」が進んでいることや、子育てに不安を抱える家庭が増加していることなどが指摘されています。また、保育所などに子供を預けたいと希望しながら預けられない状況や、仕事と子育てを両立できる環境の整備が必ずしも十分でないことなどから、子供がほしいという希望が叶えにくくなっています。東京都は、平成27年3月に策定した「東京都子供・子育て支援総合計画」(平成27~31年度、平成29年度中間見直し)に基づき、子供・子育て支援の多様な施策を展開しています。

児童虐待防止推進キャラクター「OSEKKAIくん」

児童虐待防止推進キャラクター「OSEKKAIくん」

2.高齢者への支援

都内では、2030年には都民の約4人に1人が高齢者となる超高齢社会を迎え、要介護高齢者や高齢者のみの世帯が増加することが見込まれています。福祉保健局では、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できる社会を実現するため、医療と介護、生活支援サービスなどを切れ目なく提供していく地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。具体的には、特別養護老人ホームなどの介護サービス基盤や高齢者向け住まいの充実を図るとともに、必要な介護人材の確保などを進めています。
また、認知症高齢者の急増も見込まれることから、認知症の人と家族が地域で安心して生活できるよう、区市町村や関係機関と連携した総合的な認知症対策を推進します。

普及啓発パンフレット「知って安心 認知症」

普及啓発パンフレット「知って安心 認知症」

3.障害者(児)への支援

障害者(児)が基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるよう、必要なサービスや支援を提供する仕組みを定めた障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)が平成25年4月に施行されました。東京都では、「ヘルプマーク・ヘルプカード」の普及啓発活動など障害者差別の解消の推進、グループホーム・通所施設等の地域生活基盤の整備、就労支援の充実・強化などを行っています。東京都は、平成30年3月に策定した「東京都障害者・障害児施策推進計画」に基づき、障害者施策の総合的な展開に取り組んでいきます。

東京都障害者差別解消法ハンドブック

東京都障害者差別解消法
ハンドブック

4.生活福祉の推進

高齢者や障害者など対象者別の福祉を総合的・横断的に支える施策を進めています。
「自立の助長」をより重視した生活保護制度、生活困窮者の個々の状況に応じた支援を行う生活困窮者自立支援制度、都区共同によるホームレスの自立支援、低所得者の生活安定に向けた支援など困窮者等の支援に取り組んでいます。
また、高齢者や障害者をはじめ、誰もが自由に行動し、社会参加できる「福祉のまちづくり」、質の高い安定した福祉サービスの提供を担う福祉人材の確保・定着・育成、「東京都戦没者追悼式」の実施に代表される戦争犠牲者への援護なども行っています。

毎年終戦記念日に行われる「東京都戦没者追悼式」の様子

毎年終戦記念日に行われる「東京都戦没者追悼式」の様子

5.医療提供体制の確保

東京都では、質の高い医療が受けられ、生涯を通して健康でいられる社会を目指し、365日24時間、安心・安全の医療と患者中心の医療の実現に向け、都民が症状にあった適切な医療サービスを受け、かつ自らが主体的に医療に参加できるようにするための地域医療システムの構築、救急医療・在宅医療の充実、医療人材の確保などに取り組んでいます。
また、東日本大震災等の大規模災害発生時には、高度な専門性を持つ医師、看護師等からなる災害医療派遣チーム「東京DMAT」を被災地に派遣するなど、平常時だけでなく非常時においても医療を提供できる体制整備を進めています。

災害医療派遣チーム「東京DMAT」の救助活動の様子

災害医療派遣チーム「東京DMAT」の救助活動の様子

6.保健施策の推進

健康づくりは、一人ひとりの自覚と実践が基本であり、都民の意識を高め、健診受診や生活習慣の改善などの健康行動を促すとともに、社会全体で支援する仕組みづくりが必要です。個々人ができるだけ健やかに暮らし、疾病や障害を持っていても、自分らしい人生を送ることができるよう、ライフステージを通じた健康づくりに重点的に取り組みます。
また、国民皆保険制度の基盤となる「国民健康保険制度」や75歳以上の方を対象にした「後期高齢者医療制度」の健全な運営を支援しています。

東京都健康づくり推進キャラクター「ケンコウデスカマン」

東京都健康づくり推進キャラクター「ケンコウデスカマン」

7.健康危機等への対応

多様化する健康危機から都民を守る施策を進めるため、新型インフルエンザ、デング熱やエボラ出血熱をはじめとする新興・再興感染症の発生・流行に備えた対策の強化や危険ドラッグの速やかな排除のほか、食品・医薬品・生活環境・飲用水などの安全確保、動物愛護管理の推進などに取り組んでいます。
関連する職種がそれぞれの専門性を活かしながら連携して、都内関係施設に対する監視業務や検査・研究、情報収集等を進めることに加え、都民の皆様への正しい知識の普及啓発を行うことにより健康危機管理等への対策を進めていきます。

感染症発生を想定した患者移送訓練

感染症発生を想定した患者移送訓練

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

医薬品の安全・安心を守る! 中川 慎也 福祉保健局 健康安全部 薬務課 【薬剤B】 2016年入都 薬学部 薬学科

平成30年12月時点

入都動機・きっかけ

中川 慎也

「医薬品の安全・安心を行政の立場から守り、多くの人々の健康に貢献したい」「薬学部で学んだ専門知識を活かしながら、幅広い業務をしたい」と思ったことがきっかけで、薬事行政に関する仕事に興味を持ちました。その中でも、他の自治体に比べて人や物流量が多く、医薬品の安全・安心を守ることがより重要になる点に魅力を感じ、東京都を志望しました。

今の部署の仕事について

私が所属する薬務課では、医薬品や医療機器等をみなさまに安心して使用していただけるよう、その製造から販売、広告に至るまで、行政の立場から幅広く監視や指導を行っています。その中で、私は、医薬品や医薬部外品が世の中に出て行く過程で必要になる「承認」に関する審査業務を担当しています。具体的には、医薬品等に含まれている成分の種類や量、効能や効果、用法用量などをチェックし、有効性、安全性について審査します。また、医薬品等の品質が良いものであることを確認するために設定される製品の規格について、東京都健康安全研究センターの医薬品研究科と協力しながら審査を行っています。

学生時代の専攻や勉強はどう活きているのか

承認審査業務では、薬学部で学んだ様々な専門知識を活かすことができます。薬理学の知識は、製品に含まれている成分の種類や量、効能や効果をチェックする際に役立っています。また、分析化学の知識は、製品の規格とその試験方法の審査で分析データを見るときに役立っています。さらに、常に法令に基づき業務を行うため、薬事関係法規を正しく読んで運用することが求められますが、学生時代に勉強した法律の基礎の部分は、現在の業務にとても活かすことができています。

中川 慎也

働いて実感する魅力と
やりがい、将来像

中川 慎也

製薬企業が多く集まる東京都では、日々新たな医薬品や医薬部外品の申請があります。かぜ薬やドリンク剤等、申請される品目の種類は幅広く、様々な製品に触れることができるので毎日新しい発見があり、とてもやりがいを感じています。審査した製品をドラッグストアやコンビニで手に取る機会も多く、身近な製品の安全・安心を守っていることを実感できます。医薬品を取り巻く環境は常に変化しますが、広い視野をもって、最新の科学的知見に基づき的確な判断ができるよう、専門職としての資質の向上に努めていきたいです。

ある1日の流れ

出勤
メールや新聞などをチェックし、情報収集

窓口対応
医薬品及び医薬部外品の製造販売承認申請受付

昼食

検体搬入
申請のあった医薬品等の製品検体を健康安全研究センターに搬入し、試験を依頼

帰庁
医薬品メーカーからの相談対応

審査事務
承認申請書等の審査気になったった点は、医薬品メーカーに電話やファクシミリで照会

退勤

卒業後からの経歴

2016年
入都
福祉保健局 健康安全研究センター 薬事環境科学部 環境衛生研究科
飲料水等の水質検査
2018年
福祉保健局 健康安全部 薬務課 承認審査担当
医薬品等の製造販売承認申請受付及び審査事務
都民の生命を衛る 佐藤 利洋 福祉保健局 健康安全部 食品監視課 【獣医】 2013年入都 農学部 獣医学科

平成30年12月時点

入都動機・きっかけ

佐藤 利洋

大学の研究室の先輩方の多くが公務員であり、先輩方の活躍されている姿を見たり聞いたりする中で公務員を志望するようになりました。
数ある自治体の中で、東京都を選んだ理由は、獣医が勤務できる職場が食肉衛生検査所や動物愛護相談センター、保健所、市場衛生検査所、健康安全研究センターなど多数あり、各職場での職務内容も窓口相談や連絡調整、と畜検査など様々であることに大変魅力を感じたためです。

今の部署の仕事について

私が所属する食品監視課は、飲食店や食品工場などに対する監視指導や輸入食品対策、食中毒調査など食品衛生に関するあらゆる業務を行っています。
その中で私は乳や乳製品、食肉、水産物の衛生に関する業務を担当しています。
主な業務は事業所との連絡調整や国の通知に基づく都の施策の検討、国や他自治体との会議の運営などです。
出張も多く、都内の市場の営業許可業務や大島など島しょ地域の牛乳工場の監視も行っており、その業務は多岐にわたります。
また、昨年は担当内の最大のミッションとして、豊洲移転があり、築地市場内の約1000の営業者が豊洲市場内へ移転し、その営業許可業務に混乱が生じないよう、営業者はもちろん、他部署と連絡調整を密に行い、移転業務を行いました。

学生時代の専攻や勉強はどう活きているのか

大学で学んだ専門知識については、相談対応や資料作成、検査業務などの基礎知識となっており、役立っています。
また、学生時代に、レポートや論文を作成する際に、文書を論理的に書くことや物事を調べ、自分の考えを持つように習慣づけていたことが、先輩職員や上司と意見交換する際などに大変活きていると感じています。

働いて実感する魅力と
やりがい、将来像

公務員獣医師は、食肉衛生検査所での、牛や豚が食用にできるかを検査する「と畜検査」、保健所や市場衛生検査所での、食中毒発生防止のための「食品衛生監視」、動物愛護相談センターでの、狂犬病等人獣共通感染症の「予防・調査業務」等、人の健康・生命に密接に関わっています。
都で公務員獣医師として働くことは、1300万人の都民全員の健康・生命に関わっており、責任は重大ですが、やりがいも感じています。
今後は、自分の仕事が都民生活を支えていることを今まで以上に自覚し、安全・安心な東京の実現に貢献します。

佐藤 利洋

ある1日の流れ

出勤
メールや新聞などをチェックし、情報収集

芝浦食肉衛生検査所を訪問許可業務及び検査所との打ち合わせ

帰庁、昼休み

担当案件について
保健所等との調整

会議資料の作成、他自治体からの照会についての回答作成

許可業務の事務作業

ホームページ更新作業
明日の業務内容確認

退勤

卒業後からの経歴

2013年
入都
福祉保健局 南多摩保健所 生活環境安全課 食品衛生係
飲食店等の営業許認可事務、食品衛生に関する相談対応
2015年
福祉保健局 芝浦食肉衛生検査所 検査課 小動物検査担当
小動物(豚)のと畜検査
2016年
福祉保健局 芝浦食肉衛生検査所 検査課 大動物検査担当
大動物(牛)のと畜検査
2017年
福祉保健局 芝浦食肉衛生検査所 管理課 業務担当
食肉市場内事業者への衛生指導、輸出衛生証明書発行などの牛肉の輸出事務、本庁との連絡調整
2018年
福祉保健局 健康安全部 食品監視課 乳肉水産担当
乳肉水産食品に関する施策に関する事務、中央卸売市場内の許可事務、事業所や他自治体との連絡調整
子供とともに未来の自立へ 飯田 裕介 福祉保健局 萩山実務学校【福祉】2011年入都 総合福祉学部 社会福祉学科

平成28年1月時点

入都のきっかけ

東京都で育ったこともあり、都庁が一番身近な自治体でした。自分が住んでいる自治体の特徴はなんだろうと考えたことが興味を持った最初のきっかけでした。また、都庁は自治体としても大きく、主要都市でもあることから虐待や非行、貧困など、児童や家庭への支援は多岐に渡ると考え、少しでも力になりたいと思い、志望しました。

今の部署の仕事について

男子寮の児童指導員として日々児童たちと生活を共にしています。掃除、食事、作業、学習、スポーツ、林間教育や運動会などの年中行事、対人関係のトラブル、進路指導など児童の自立に向けた多岐に渡る支援を日常生活の中で行っています。集団生活の中で生じるさまざまな出来事を通して、入所に至る経緯の振り返りや成長していくために必要な課題を児童に伝えたり、面会や通信などを通して、家族再統合に向けた支援を行っています。思春期の多感な時期であることを意識し、児童一人ひとりの気持ちの変化に気を配りながら支援しています。また、寮運営だけでなく、児童たちの成長のきっかけにもなっている年中行事の企画・運営を担当する部会の一員でもあります。

飯田 裕介

学生時代の専攻や勉強を
どう活かしているか

大学時代は、社会福祉士の資格取得を目指しながら、主に児童福祉を専攻しました。3年次に児童相談所に現場実習に行き、支援を必要とする児童たちと直接関わり、保護所の担当職員の指導や実際のケースについての会議を聞けたことが今の仕事に活きていると感じます。

この職種で都庁で働く魅力

児童指導員として直接児童と関わり、その成長を間近に感じられることが一番の魅力だと思っています。作業やスポーツを通して体力をつけていく様子、苦手な勉強にも取り組み続け進路学習へつなげていく様子、対人関係でのトラブルなどをきっかけに自らの成長課題について考え乗り越えていく様子、そういった取組を経て、家族再統合の為の面会や一時帰宅訓練で、児童本人や保護者が成長を実感できるように支援していくことにもやりがいを感じます。また、入所中の支援だけでなく、退所後のアフターケアの充実にも力を注ぎたいと考えています。自らの言動が与える影響や、児童の自立に向けた成長に携わっていることを常に意識し、児童たちにとって正しいモデルでありたいと思っています。

ある1日の流れ

遅番勤務で出勤
寮公務室で、業務宿直明けの職員と、児童の様子について引き継ぎ

昼食のため児童が寮に一時下校
寮で児童とともに昼食をとる

児童が再登校
業務宿直入りの職員を含めて児童の様子について引き継ぎ

児童が下校
児童とともに掃除、スポーツ、入浴などを行う

児童とともに夕食をとる
夕食後は学習時間まで児童の自由時間の見守り(必要に応じ児童と個別面接)

児童の学習時間の見守り

児童就床

退勤

卒業後からの経歴

2011年
入都
福祉保健局 萩山実務学校 男子寮
入所児童の生活支援
援助部会としての広報活動及び職員互助会の運営
2012年
福祉保健局 萩山実務学校 男子寮
引き続き入所児童の生活支援 行事部会としての施設行事や寮行事の企画・運営
子供たちの笑顔があふれる未来を創る 森下 喜紹 福祉保健局 少子社会対策部 足立児童相談所【心理】2011年入都 教育学部 総合教育科学科 教育心理学コース

平成28年1月時点

入都のきっかけ

大学で心理学を専攻する中でさまざまな機関や施設に見学や実習に行く機会も多く、心理職として不安を抱える方々の支援に携わりたいと考えていました。民間の相談機関と異なり、自ら助けを求められずにいる方にも関わることのできる行政の心理職に興味を持ち、その中でも都庁は国や他自治体と比べて数多くの現場があり、心理職としてさまざまな経験を積むことができる点に強く魅力を感じ、志望しました。

今の部署の仕事について

児童心理司として児童相談所で18歳未満の子供に関する相談に応じています。児童心理司は虐待や非行(家出、盗みなど)に関する相談、知的障害に関する相談(愛の手帳の判定)を中心に携わります。相談には児童福祉司(ケースワーカー)と協力して対応しますが、児童心理司には心理的視点から子供や家族が抱える問題の原因や背景を探り、解決方法を考えていくことが求められます。子供とじっくり向き合って面接し、心理検査も活用しながら子供の能力や特性、性格傾向、心情などの理解に努めます。その中で得られた情報を整理し、子供本人や保護者、学校などの関係機関と共有し、必要な支援をあらゆる角度から検討していきます。虐待を受けて傷ついた子供の心のケアや親子関係の修復も重要な仕事の一つです。時には保護者と意見が合わないこともありますが、その子供の福祉(幸せ)のためには何が必要かを第一に考え、日々子供たちと接しています。

森下 喜紹

学生時代の専攻や勉強を
どう活かしているか

心理職には意欲だけでなく、人の行動や心を客観的に理解するための技術や知識と、それを柔軟に応用していく力が求められます。もちろん実際の現場での経験の中で得られるものは大きいですが、学生時代から身につけてきた心理学の幅広い知識や心理臨床に対する基本的な姿勢はそのベースとなっていると感じます。

この職種で都庁で働く魅力

心理職は人の心という目に見えないものと対峙し、人の人生という繊細なものに携わります。そのため明確な正解がなく「本当にこれで良いのか」と悩む毎日で、結果が出るのにも時間がかかります。児童相談所のように子供や家族のそれまでの生活や今後の人生を大きく変えてしまう決断を迫られることも多く、大きな責任も伴います。それだけに、自分たちの関わりが子供の変化や成長につながったり、子供や家族に笑顔が戻った時には大きな喜びとやりがいを感じます。今後は教育や医療などの分野も経験して自分の専門性を深め、より多くの都民の幸せに貢献していきたいと考えているため、心理職の活躍フィールドが数多く用意されているのも都庁の大きな魅力です。また、都庁は海外で効果が実証された心理療法をいち早く導入するなど、常に国や他自治体に先駆けた取り組みに挑戦しており、心理職として日々刺激を受けながら成長していける環境が整っています。

ある1日の流れ

出勤
メールチェックや1日の予定の確認

面接記録の整理
前日までの面接の記録や心理所見の作成

一時保護中の子供と面接
面接や心理検査を通して子供の状態や特性を把握

昼食

愛の手帳(療育手帳)の判定
知能検査や行動観察をもとに、知的障害の有無や程度を判定

施設訪問
所内での面接 ※学校や子供が生活する施設を訪問して面接することも多い

帰庁後、所内打合せ
担当しているケースの支援方針について、児童福祉司や先輩、上司も交えて協議

退勤

卒業後からの経歴

2011年
入都
福祉保健局 少子社会対策部 世田谷児童相談所 心理指導係
児童の心理学的診断、児童や保護者への助言指導、心理治療
2014年
福祉保健局 少子社会対策部 足立児童相談所 心理指導係
児童の心理学的診断、児童や保護者への助言指導、心理治療
世界一の食の安全・安心都市の実現 永沼 信二 福祉保健局 健康安全部 食品監視課【衛生監視】2011年入都 人間環境学部 健康栄養学科

平成28年1月時点

入都のきっかけ

大学の先生が都庁のOBであったことが、都庁の仕事を知るきっかけでした。その先生に師事するようになり、都庁時代のさまざまな話を聞く中で、都庁には大都市としての本庁機能がある傍ら、島しょ地域のように地域住民の一員として業務にあたる環境があったりと、さまざまな魅力的な顔を持っていると感じました。このように多様な現場がある都庁で仕事をすることは面白いと思い、志望しました。

今の部署の仕事について

私が所属する食品監視課は、飲食店や食品工場などに対する監視指導や輸入食品対策、食中毒調査など食品衛生に関するあらゆる業務を行っています。その中で、私は水産食品の衛生に関する業務を担当しています。担当している業務のうち、最も大きいミッションに築地市場から豊洲市場への移転に係る業務があります。豊洲市場へは、約1,000の事業者が移転します。市場内の事業者は、食品衛生に係る営業許可をそれぞれ取得しており、豊洲市場への移転時には、ほとんどの事業者が新たに食品衛生に係る営業許可を取得する必要があります。私は、豊洲市場に移転する事業者が豊洲市場開場時に営業を円滑に開始できるように、許可手続きに関する実施計画の策定や事業の管理、運営を行っています。具体的には、営業許可に関する相談会の実施や許可基準を満たしているかの事前審査、相談時に生じた問題点などの対応、関係機関による会議の事務を担当しています。

永沼 信二

学生時代の専攻や勉強を
どう活かしているか

事業者に対して食品衛生に関する説明をする際の基礎知識として役立っています。自分自身がきちんと理解していないと相手にわかりやすい説明ができません。相手が納得してくれた時は学んだことが活きているなと感じます。また、保健所勤務のときには、講習会の資料作成の際に、教科書やノートを参考にしたこともあります。

この職種で都庁で働く魅力

食品衛生監視員は、人々の生活に密接な「食」を守ることが使命です。東京都には約1,300万人が暮らしており、国内最大の消費地として国や他自治体からも注目されているため、自分たちの施策が結果的に全国的な影響を持つこともあります。そんな都庁の仕事では責任の重さと同時にやりがいを感じることができます。また、東京都には島しょ地域があり、そこでは人口数千人の島の一員として仕事をします。島しょ地域では専門の職員が1~2名程度と少数体制のため、自ら考え改善しながら継続して業務に当たる経験を積むことができます。このように、多様なフィールドで住民の食の安全の確保のために働けることも都庁の魅力です。今後は東京2020大会の開催に向けて東京都の食の安全・安心を多くの方に実感していただけるよう食品衛生に関わるあらゆる施策に取り組んでいきたいと思います。

ある1日の流れ

出勤
メールチェック
業界紙などから情報収集

築地市場を訪問
許可業務(実地検査や許可相談)

帰庁
昼休み

担当案件についての対応案作成・係内検討

対応案についての課内検討

許可業務の事務作業

退勤

卒業後からの経歴

2011年
入都
福祉保健局 市場衛生検査所 管理課 大田出張所
市場内に流通する食品の監視、市場内事業者に対する指導、農産物の残留農薬物質の検査
2012年
福祉保健局 島しょ保健所 三宅出張所 生活環境係
食品取扱事業者に対する監視・指導、都民に対する普及啓発
2014年
福祉保健局 健康安全部 食品監視課 乳肉水産係
乳肉水産食品に関する施策に係る事務、中央卸売市場内の許可事務、事業者や他自治体との連絡調整の事務